パッシブセンサ(熱線感知器)


 
 広範囲に渡り、室内の侵入者を見張ります。
 室内が無人の時間帯(深夜、店舗などの休業日etc.)にセットしておけば、
 センサの前を横切った人物に反応して知らせます。
 出入口や窓の多い部屋など、これひとつで見張ることができます。
 但し、ネコやネズミなど、体温を持った動物にも反応しますので、注意が必要です。








マグネットセンサ


 
 主に、出入口のドア、窓などに取り付け、侵入者を見張ります。
 ドアや窓のサッシに設置しておけば、それらを開けた時にセンサが反応して知らせます。
 出入口や窓の少ない部屋には、マグネットセンサが経済的です。









赤外線センサ


 
 建物の外周に設置し、室内への侵入を未然に防ぎます。
 セットしておけば、投光器から赤外線を出し続け、それが受光器に届くまでの間に
 障害物があった時、反応して知らせます。
 庭や屋外駐車場など、他のセンサでは見張ることの出来ないエリアには
 この赤外線センサが活躍します。







人感ライト


 
 センサの前を横切る物体、物音に反応して自動的にライトを点灯します。
 ガレージや玄関先、庭、ベランダなどに設置しておけば、防犯用、来客用、照明用にと
 幅広く利用できます。








煙感知器


 
 火災の多い深夜、寝室が2階にある場合の、階下での火災は気付きにくいものです。
 室内の天井に設置しておけば、燻っている時点で知らせますから、大きな被害を蒙る前に
 火災を未然に防ぐことができます。
 センサ内に、ある程度の煙を貯めてから反応するシステムになっているため、
 タバコの煙などによる誤作動はありません。







熱感知器


 
 煙感知器とは違い、熱による温度を感知して知らせます。
 出火の多い台所の天井部などに設置しておけば、安心です。
 煙感知器と併用すれば、一層防災効果が上がります。
 この他、炎に含まれている紫外線を検知する炎センサや、濡水を検知するもの、
 ガス漏れセンサなど、防災用センサも日々進化しているのです。






警報ベル


 各々のセンサが異常をキャッチしたとき、大音響でベルを鳴らします。
 非常ベルなどにみられるこの音は、「異常を知らせる音」として、私達にとって
 刷り込みができている音のひとつです。
 周囲に大きく鳴り響くことで、犯人を威嚇できます。
 各種センサと併用することで、防犯に限らず、防災ほか様々な場面に活躍します。
 「ジリリリリ♪」という独特な音がお嫌いな方には、電子音や何種もの音が選べるタイプ、
 光のみ、あるいは光と音でお知らせするタイプもあります。
 






ガラス破壊センサ



 文字通り、ガラスが割れた音に反応して、センサが作動します。
 窓附近の天井に設置すれば、これ1台で複数のガラスを見張ることができるため、
 ショーウィンドゥを含め、ガラス面の多い店舗などで効果を発揮します。
 その他、壁面に取り付けるタイプや、ガラス1枚単位で見張るものもあります。